歴史時代の意味・解説・読み方|世界史用語集

歴史時代の意味・解説|世界史用語

世界史世界史B

歴史時代

Historyの意味


主な意味

歴史時代[れきしじだい]とは、文献資料(文字による記録)が残っている時代のことを指します。歴史時代以前の文献資料がない時代を先史時代といいます。先史時代の解説

歴史時代は有史時代ともいう

歴史時代は史(文献)る時代ということで、有史時代とも表現されます。

先史時代-(原史時代)-歴史時代

前方後円墳-原史時代

credit:OSAKAINFO

「先史時代のあとは歴史時代。歴史時代のまえは先史時代」とするのが基本ですが、先史時代から歴史時代に移り変わる過渡期に「原史時代」が存在します。これは、充分な歴史的文献が残っておらず、口頭伝承のみで伝えられている歴史的資料が不十分な時代です。日本では古墳時代がこれにあたるとされています。

出典:wikipediaより

参照定義

歴史時代(れきしじだい)または有史時代(ゆうしじだい)とは、歴史における時代区分の1つ。一般的には、文字が成立し、文献資料によって歴史事象を検証することが可能な時代を指す。それ以前は先史時代(せんしじだい)という。wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia-歴史時代[見る]
Britannica-prehistory[見る]

◼︎辞書・書籍

『世界史用語集』東京書籍,2019,p5、『詳説世界史研究』山川出版社,2002,p7、『世界史辞典』旺文社,2009,p358、『ニュービジュアル版新詳世界史図説』浜島書店,2008,p12

タイトルとURLをコピーしました