【画像で解説】楽天ブッグスで交換して10倍キレイな商品にする方法|楽天Books

楽天ブックスの交換方法 ライフスタイル

楽天ブックスでの購入は送料が無料で、ポイントが貯まりやすいので筆者がよく利用しているサービスです。

しかし、先日購入した新品のものが『汚れや傷のある状態』で送られてきました。そこで今回、商品が汚いときや傷のあるときに使える交換(返品)サービス利用したので、そのやり方を備忘録として記事にしていきます。

スポンサーリンク

楽天ブッグスを交換(返品)する方法

楽天で返品する

交換は無料で、方法としては非常に簡単です。

ちなみに、交換方法と返品方法は手順としてほぼ同じになっています。

  1. お問い合わせを送る
  2. 代替品と着払いの送り状を受け取る
  3. 交換したいものを送り返す

の3つのステップで終わります。

また、今回は小説で交換をお願いしましたが、楽天ブックスで購入できる商品(CD、DVD、ゲームや雑誌など)すべてに利用できるので、ぜひご参考ください。

次では、それぞれを詳しく説明していきますね。

商品到達後、30日以内が交換受け付けの期限となるので、余裕をもって作業に取り掛かりましょう。

1、お問い合わせを送る

傷の状態を確認する

楽天ブックスー問い合わせ

まずはこちらから楽天ブックスのヘルプページへと飛びます。

届いた本の傷とヘルプページに表示されている破損例を見比べてみて、どのような破損状態なのかご確認ください。

ちなみに筆者のものは、

ロリータ/ウラジーミル・ナボコフ

ロリータ/ウラジーミル・ナボコフ

このように誰でも気にするようなページの端(左上)にひどいヨレがあったり、

赤頭巾ちゃん気を付けて/庄司薫

赤頭巾ちゃん気を付けて/庄司薫

人によっては気にならないような表紙の歪みで交換を希望しました。(タイトル文字「赤」と「気」の左側)

お問い合わせ内容の入力をする(前半)

楽天ブックスーお問い合わせ①

先ほどのヘルプページ下部に「お問い合わせ」ボタンがあるので、そこから「お問い合わせ内容入力」ページに入ります。

説明する箇所が多いので、前半と後半に分けて番号で説明していきますね。今回はPC画面で説明していきますが、スマホでもほとんど同じです。

ジャンルを「本」に選択

左クリックをすれば、ゲームやCD/DVDといった選択肢が表示されます。今回は小説の交換希望なので「本」を選択しました。

商品名を記入

楽天ブックスー商品名

商品名は楽天市場の購入履歴から確認します。購入履歴から商品名をコピー&ペーストしましょう。

※この記事で省いていますが、商品名項目の上にある「注文番号」は同じく購入履歴から確認できます。同じくコピー&ペーストしてください。

ISBN/JAMを記入

楽天市場のISBN/JANとは?

ISBN/JAMとは簡単に言えば、楽天の商品コードのことです。購入履歴の商品リンクから商品ページへいき、商品基本情報のISBNコードをコピー&ペーストしましょう。

商品の破損状況を記入

こちらに商品がどのような状態なのかを記入します。

ロリータの場合は、「広範囲のページにわたって角が折れている」と記入しました。できるだけ分かりやすく具体的に書いた方が良いと思います。

お問い合わせ内容の入力をする(後半)

楽天ー交換のお問い合わせ

⑤~⑦個人情報を記入

注文者の名前は、楽天市場に登録している名前です。購入者と受け取る方の名前を別に設定している場合は気を付けてください。

メールアドレスは、後に確認のメールが送られてくるので、間違えて入力しないようにしましょう。

質問内容の記入

ここは特になければ、「特になし」で大丈夫です。

もし、筆者のように複数の商品を交換したい場合、こちらに2冊目以降の「商品名」、「ISBNコード」、「商品の破損状態」を記入しましょう。

入力内容の確認をする

入力を確認し、送信する。

入力内容を確認を押すと、画像のような「お問い合わせ内容入力」画面が現れます。内容の確認後、間違いがなければ『送信』してください。

これでステップ1は終了となります。

2、代替商品を受け取る

楽天ブックスで返品

営業日なら数日後、もしくは当日中に「代替品発送メール」が記入したメールアドレスに届き、さらにその数日後に代替品が届けられます。

初めのものは質素なダンボール袋(?)のようなもので送られてきたのですが、代替品はしっかりとしたダンボールに入れられ、本は紙袋に包まれて、さらに空いたスペースには空気入りの緩衝材が詰められているという厳重ぶりで送られてきました。

もちろん商品にページのヨレなどは見られません。

代替商品を確認したら、ステップ2は終了です。

3、交換したものを送り返す

楽天ブックスの交換品

厳重に届いた『ロリータ』と納品書、送り状

代替商品とともに“納品書(返品交換連絡票)”と“着払いの送り状”が送られてきます。

送り状には、すでに記入すべき内容が書いてあるので何もする必要はありません。

納品書と返品交換連絡票は1枚に繋がっているので、キリトリ線にしたがい切り取りましょう。

初めに届いた交換したい商品、返品交換連絡票をダンボールに梱包します。指示等はありませんが、できれば代替品が送られてきた厳重状態で送り返すのが良いでしょう。

それをコンビニや郵便局で受け付けて貰い、店員さんから渡される控えを保管すれば3ステップの終了です。これでこちらでの役割は全て終わりとなります。お疲れさまでした。

結局、Amazonで買ったほうが…?

ロリータ (新潮文庫)
ウラジーミル ナボコフ
中年男の少女への倒錯した恋を描く恋愛小説であると同時に、ミステリでありロード・ノヴェルであり、今も論争が続く文学的謎を孕む至高の存在でもある。

ここまでやるなら「そもそもAmazonで買ったほうが…」と思う方もいるかもしれません(笑)

しかし、筆者は江戸川乱歩の『江戸川乱歩の傑作選』をAmazonで購入した際、表面が傷だらけで送られてきたことがあります。(その時は面倒で返品しませんでした)

今回、楽天ブックスで返品に至ったのは、『ロリータ』『赤頭巾ちゃん気を付けて』『沈黙』と結構古めの作品となっています。また、今まで注文したものは比較的綺麗な状態で届いていました。

なので、Amazonも楽天も古いものは傷だらけで届く可能性が高く、新しめのものは綺麗に届くのではないかと考えています。それなら、ポイントが貯まる楽天のほうがいいかなあ、と。

ちなみに、今回の説明で使わせていただいた『ロリータ』は、海外での評価が非常に高く、『ロリコン』という言葉の元となったほどの小説です。興味があればぜひチェックしてみてください。

>>ウラジール・ナボコフ『ロリータ』をAmazonでチェックする

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました