【基本編】文学賞の原稿ってどうやって送ればいいの?注意するべきポイントを紹介します|公募のすゝめ

小説を書いている画像。 公募コンペ

文学賞には、純文学は文學界新人賞、ミステリーは江戸川乱歩賞、ラノベは角川電撃大賞といった有名なものから、さばえ近松文学賞などの地方レベルのものまで大小さまざまなものがあります。

もちろん受賞するには「面白い小説」が必要なのですが、それらを応募するとき「どうやって送ればいいんだろう?何が正解なんだろう?」と迷ったことはありませんか?

そんなことばかり考えてしまって、肝心な内容に手がつかなくなってしまうなんてこともあるかと思います。

そこで今回は、初めて文学賞に応募しようとしている初心者の方々の素朴な疑問や基本的な共通事項をクリアにしていきたいと思います。

※今回はアナログで応募原稿を送る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

原稿はどうまとめればいいの?

クリップか綴り紐

まずは原稿のまとめ方をご紹介しますね。

何枚もある原稿用紙をまとめることを「綴る(つづる)」と言いますが、綴り方は大きく分けて2パターンあります。

✔2つのまとめる方法
  • 綴り紐でまとめる方法
  • クリップでまとめる方法

どちらか一方の指定ですと助かるのですが、主催者側にいくつかパターンを与えられると困りますよね。

どちらがいいのかというと、筆者のオススメはクリップで止める方法です。

クリップでまとめる3つのメリット

1、読みやすい。
クリップを右上にとめることでまとめた原稿用紙は非常にめくりやすくなります。

綴り紐の場合、真ん中の2か所に穴をあけ紐を通すのが基本なのですが、どうしてもページがめくりにくくなってしまいます。読みやすさを優先するならクリップでしょう。

2、破れない。
綴り紐の場合、結ぶ強さによって原稿の束が緩くなってしまったり、反対に締め付けすぎると原稿用紙が破れてしまいます。(枚数が少ないととくに悩まされます)

クリップは原稿用紙をはさむだけなのでそういった心配はいらないでしょう。

3、失敗がない。

クリップでまとめる場合と、綴り紐でまとめる場合の大きな違いは「穴」の有無です。

そして綴り紐用の穴をあけるのはもちろん自分自身です。

原稿の枚数が多い場合、家庭用の穴開けパンチをつかうと、穴同士がズレてもう一度プリントアウトすることに…なんてことも起こってしまうかもしれません。

その点クリップははさむ場所を失敗しても、またすぐにつけなおせばいいだけです。

ちなみに筆者が綴り紐で原稿を送っていたときは業務用の穴開けパンチを使っていました。

クリップでまとめるデメリット

クリップで止める方法にひとつだけデメリットがあります。

それは封筒にいれたとき、クリップ部分が膨らんでのりづけしにくかったり、封筒が不格好になることです。 しかし、逆に言えばデメリットはそれだけということになります。

また、もし綴り紐で送る方法のメリットがあるとしたら、「雰囲気が良くなる」「見た目がいい」「そのまま処分しやすい」などがあります。それらを踏まえて筆者は圧倒的にクリップ推しですね。

クリップの大きさ

クリップの大きさは、挟口32mmタイプのものしてください。

大きすぎず、小さすぎず、A4の用紙にぴったりなサイズとなります。

クリップの大きさ

ちなみにどうしても綴り紐で送りたいという方は、長さは約45cmのものをご購入ください。

Amazon:ダブルクリップ 金属製 (大-32mm-100個)

Amazon:コクヨ つづりひも セル先 100本入 (スフ糸16本) 450mm

封筒の選び方・入れ方

どんな封筒を選べばいいの?

原稿用紙を入れる封筒は茶封筒のもので大丈夫です。

ただし、厚手のものにしてください。

筆者は様々な茶封筒を試していますが、安価で薄いと安っぽくなってしまい自分のモチベーションも上がりませんし、受け取る側の印象もよくないでしょう。

筆者の圧倒的オススメはコクヨのA4封筒です。

なお、筆者の近所のホームセンターには売っていないのでAmazonで仕入れるようにしています。

どのように入れればいいの?

筆者はクリアファイルに挟んで入れています。

送付状とクリアファイル

これは配達の際に雨が降って原稿用紙が濡れないためです。

また、応募原稿と一緒に簡単な「送り状」を基本的にいれるようにしています。(同封不必要と応募要項に書いてあれば入れません)

クリアファイルを使えば原稿用紙と送り状をまとめられるのですっきりしますよ。

送り状とは?履歴書や職務経歴書を郵送する際、書類の内容を分かりやすく書き記した用紙のこと。添え状や送付状も、送り状と同じ意味を持つ。

宛名は縦書きがいいの?横書きがいいの?

これは気にする必要はないと思いますが、基本的には縦書きを推奨します。

なんとなくですが、筆者は縦書きのほうがよい成績を残せている気がします。(思い込みだと思いますが…)

ただ横書きの方が書きやすいという人は、横書きで大丈夫だと思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。気になっていたことは解決できましたか?

初めて文学賞に応募するときは右も左も分からず、しかも誰に聞けばいいのかも分かりませんよね。

筆者も初めてのときは応募する小説の内容なんてのは二の次で、とことん調べた経験があります。

公募に応募しようと思って悩んでいる方がこの記事を読んで、すっきりして内容に集中していただけたら嬉しいです。

次の記事は、「400字詰め換算、消印有効の意味」や「応募原稿いつ頃送るのが一番いいのか」などをご紹介したいと思います。

【基本編】文学賞の「400字詰め換算」ってどういう意味?何字詰めがいいの?|公募のすゝめ
純文学新人賞、大衆文学、ラノベ、児童文学、ミステリー、ホラーなど、年間にいくつもの文学賞コンペが開催されています。今回は、原稿用紙を400字詰めに換算する方法、応募原稿は何字詰めにするかいいのかなど、作家志望の方や、文学賞受賞狙いの方へ、基本的なことを紹介していきます。

それではお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました