計画経済の意味・解説・読み方|世界史用語集

計画経済の意味・解説|世界史・経済用語

経済学世界史B

計画経済

planned economyの意味


主な意味

計画経済とは、社会主義経済の根本理念の一つで、国家(政府)が生産活動を計画し、生産量・分配量・消費量を決定することで社会全体の経済を安定させていくことを狙った経済体制です。旧ソ連では、ゴスプランという組織が「5カ年計画」を遂行しました。5カ年計画の解説 

“計画経済”の反対(対義)語

計画経済の対義的な概念として「市場経済」や「自由主義経済」があります。どちらも似た意味ですが、資本主義国で支持される体制です。市場経済(自由主義経済)の解説

計画経済の理想と現実
ソ連を指導したスターリン

ソ連を指導したスターリン

社会主義社会で支持された「計画経済」は、貧富の格差をなくし、経済を安定させるものとされましたが、「政府が計画したノルマさえ達成すればよい」という風潮が生産者間で生まれ、生産能率が低くなり、また計画にも偏よりがあったため、ソ連崩壊の一因になったとされています。

スポンサーリンク
出典:wikipediaより

参照定義

計画経済(けいかくけいざい)とは、経済の資源配分を市場の価格調整メカニズムに任せるのではなく、国家の物財バランスに基づいた計画によって配分される体制。対立概念は市場経済。また、計画経済と市場経済の利点を共に備えた参加型経済がある。出典:wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia[見る]
山形浩生の「経済のトリセツ」[見る]

◼︎辞書・書籍

経済学辞典(中央経済社),経済用語図鑑(WAVE出版),政治経済用語集(山川出版社),経済用語がスラスラわかる本(角川テーマ21),金融用語辞典(日経文庫),用語集 政治経済(清水書院)

タイトルとURLをコピーしました