iphoneで画面録画した動画がメディアにでない?解決法をご紹介します

iphone8 ライフスタイル

筆者はよく長時間の「画面録画」を使用するのですが、今朝、画面録画をしてメディアを見てみるとそのデータがない。という現象が起きました。

いろいろ調べて解決できたので、今回の記事では備忘録としてそのいくつかの解決方法と他PCでのキヤプチャ(ミラーリング)する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

iphoneで画面録画のエラーがでる解決策

画面収録が有効になっていない

iphoneで画面録画をするには、まずその機能をアクティベートしなければいけません。 iPhoneで画面録画機能を有効にする操作は簡単です。

iphoneの設定画面

画面収録を有効にする

「設定」にアクセスしたのち、「コントロールセンター」に入ります。その後、「コントロールカスタマイズ」をタップすると、「含める」、「コントロールを追加」という画面がでます。コントローツを追加の場所に「画面収録」があるので、その前の「+」アイコンをタップし、追加します。設定から戻り、画面収録が有効にされます。

画面収録をタップしても始まらない

上記の設定をしたのち、デバイスのスクリーンを底部から上にスワイプし、コントロールセンターを開き、画面録画アイコンを長押ししても画面録画が始まらない場合があります。これは「画面収録」を「許可しない設定」にしているためです。

iphoneの設定画面

画面収録を許可にする

「許可」にするには、まず「設定」にアクセスしたのち「おやすみモードの」下にある「スクリーンタイム」をタップします。その後、赤いアイコン右の「コンテンツとプライバシーの制限」に入り、「コンテンツ制限」をタップします。下にスクロールすると「画面収録」があるので、これが許可になっていることを確認してください。

最新ver.にアップデートしていない

筆者のトラブルの原因はこれでした。「設定」のアクセスし、「システムアップデート」をタップします。「お使いのソフトウェアは最新です」とでていれば大丈夫ですが、そうでなければアップデートしましょう。

iphoneの設定画面

最新バージョンにアップデートする

「設定」へアクセス、「一般」をタップ。その後、「ソフトウェア・アップデート」で確認できます。

自動アップデートがオンになっていたとしても、夜間の操作でアップデートされないこともあるので、調子が悪いと感じたらここをチェックするようにしてください。古いiphoneは最新バージョンのアップデートがサポートされなくなっていくので、その場合は買い替えるしかないようです。

その他、PCをつかってキャプチャする方法

その他の方法として、アプリを使ったり、iphoneの画面をPCに映し出し、それをPCでキャプチャするという方法があります。

LonelyScreenやReflectorといった無料アプリもいいのですが、やはり安定性に欠けます。筆者のおすすめは、iPhoneのLightning端子からHDMI端子に変換するための「純正アダプタ」を使うことです。メーカーがだしている純正品ということで画質も素晴らしいですし、遅延も感じません。

他には、少し高くなりますがその分スタイリッシュになる「Apple TV」もおすすめです。テレビやPCにHDMI接続で繋ぎ、付属のリモコンで操作するだけなので簡単です。

筆者はiphone自体の録画機能やこれらの機材を使い分けています。ご自身の利用方法にあわせて使い分けてみてください。

コメント