共和制(政)の意味・解説・読み方|世界史用語集

共和制の意味・解説|世界史・政治用語

世界史世界史B

共和制(政)

republicの意味


主な意味

共和制(共和政)とは、君主(王)のいない政治形態のことです。国の政治的な決定は、複数の権力者(人間や団体)で行われます。

共和政のなかでも、貴族が主権を握る場合は「貴族性」、市民が主権を握る場合は「民主制」と言います。民主制の解説 

“共和制”の反対(対義)語

共和制の対義的な概念は「君主制」です。君主制は特定の人が権力持つ(より分かりやすく言うと、その国に王様が存在する)政治形態のことです。君主・君主制の解説

イギリスで起きたピューリタン(清教徒)革命

ピューリタン革命

1642年 イングランドではステュアート朝絶対王政に対して、議会の中心勢力であったジェントリ(地方の政治を担う地主のような身分の人たち)が国王の専制政治を倒し、一時的に君主制から共和制となった。

スポンサーリンク
出典:wikipediaより

参照定義

共和制(きょうわせい、英: republic、共和政)は、君主を持たない政体、君主制ではない政治体制である[1][2]。共和制では、国家の所有や統治上の最高決定権(主権)を、個人(君主)ではなく、人民または人民の大部分が持つ。出典:wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia-共和制[見る]
世界史の窓-共和政(イギリス)/コモンウェルス[見る]

◼︎辞書・書籍

『用語集 政治経済第7版』 清水書院,2020年,p6、『政治経済用語集第2版』山川出版社,2019,p12、『改訂版必修世界史用語集』旺文社,2002,p103.

タイトルとURLをコピーしました