磨製石器の意味・解説・読み方|世界史用語集

磨製石器の意味・例文|世界史用語

世界史世界史B

磨製石器

Polished stone toolの意味


主な意味

磨製石器とは、解砥石などで表面を磨(みが)いた新石器時代の石器です。磨製石器の種類は、石斧、石臼、石皿など多岐におよびます。新石器時代の解説

獲得から生産=旧石器から新石器

古生人類や初期の新人は打製石器を使用してきました(旧石器時代)。その後、獲得経済から生産経済への移行と前後して磨製石器が現れ、新石器時代を迎えることになります。新人の解説

出典:wikipediaより

参照定義

磨製石器(ませいせっき、英: polished stone tool)とは、砂と石をすり合わせたり、石と石をすり合わせるなどの方法で表面を滑らかに加工した石器[1]。
出典:wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia-磨製石器[見る]
Britannica-Neolithic tools/polished rock tool [見る]

◼︎辞書・書籍

『世界史用語集』東京書籍,2019,p3、『詳説世界史研究』山川出版社,2002,p13、『詳説世界史改訂版』山川出版社,2009,p22『改訂版必修世界史用語集』旺文社,2002,p11、『ニュービジュアル版新詳世界史図説』浜島書店,2008,p12、『世界史辞典』旺文社,1974,p319

3つの変化は連動している

磨製石器とは

磨製石器 credit:wikipedia

気候が更新世から完新世に移り変わって、その環境に適応した人類は獲得経済から生産経済へと移行する。それにともない打製石器(旧石器時代)から磨製石器(新石器時代)へと移り変わっていった…とセットで覚えておくとよいでしょう。完新世の解説

タイトルとURLをコピーしました