完新世(沖積世)の意味・解説・読み方|世界史用語集

完新世(沖積世)の意味・例文|世界史用語

世界史世界史B

完新世(沖積世)

Holoceneの意味


主な意味

完新世(沖積世)[かんしんせい(ちゅうせきせい)]とは、新生代の第四期の後半を指す、約1万年前頃~現代に至る時期です。

後氷河期とも言い、この時期に気候は温暖となり、氷河が後退して陸地はだいたい現在のようになりました。現在の私たちは完新世に生きています。更新世の解説

この頃、人類の生活様式が多様になった

気候が暖かくなったことにより、寒いところを好むマンモスやトナカイは北上、一部人類はそれを追って移動し、とどまったものは温かい地方を好む猪や鹿を狩猟するようになりました。また、植物の繁茂により採集が容易になり、魚介類も多く利用されて食生活が豊かになりました。つまり、この時期に人類はそれぞれの地域環境に適応し、生活様式を生み出していったと言えます。完新世の始まりは、人類の石器時代後期(新石器時代)の始まりと対応している点も興味深いでしょう。

表でイメージしよう

文では分かりにくいので、表でイメージしましょう。完新世は顕生代>新生代>第四世紀の後半にあることが分かりますね。

累代
顕生代新生代第四紀完新世メーガーラヤン
ノースグリッピアン
グリーンランディアン
更新世後期更新世
チバニアン
カラブリアン
ジェラシアン
新第三紀鮮新世ピアセンジアン
ザンクリアン
中新世メッシニアン
トートニアン
サーラバリアン
ランギアン
バーディガリアン
アキタニアン

より広い範囲wikipediaから見ることができます。

スポンサーリンク
出典:wikipediaより

参照定義

完新世(かんしんせい、Holocene)は地質時代区分(世)のうちで最も新しい時代である。第四紀の第二の世であると同時に、現代を含む。かつての沖積世(Alluvium)[注 1]とはほぼ同義である。最終氷期が終わる約1万年前から現在まで(近未来も含む)を指し、その境界は、大陸ヨーロッパにおける氷床の消滅をもって定義された。wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia-完新世[見る]
Cambridge dictionary-the Holocene[見る]
Britannica-Holocene Epoch[見る]

◼︎辞書・書籍

『世界史用語集』東京書籍,2019,p1、『改訂版必修世界史用語集』旺文社,2002,p10、『詳説世界史研究』山川出版社,2002,p12、『詳説世界史改訂版』山川出版社,2009,p22、『ニュービジュアル版新詳世界史図説』浜島書店,2008,p12、『世界史辞典』旺文社,1974,p216

タイトルとURLをコピーしました