立憲君主制の意味・解説・読み方|世界史用語集

立憲君主制の意味・解説|世界史・政治用語

世界史世界史B

立憲君主制

constitutional monarchyの意味


主な意味

立憲君主制(立憲君主政)とは、君主が存在する君主制の国で、その君主の権限が憲法によって制限されている仕組みです。君主が権力を制限されていたり付与されていない政体のことを指す「制限君主制」とも言われることがあります。君主・君主制の解説

表面上の”立憲君主制”

立憲君主制といっても、「実際に議会に実権が移行していて、君主権は名目上にすぎない議会制的君主制(イギリス型)」と「大日本帝国憲法下の日本やプロイセンように、憲法は存在しても実際には君主権が制限されない外見的立憲制(ドイツ型)」があります。

国王は君臨すれども統治せず

1721年 英では、政治に無関心だったハノーヴァー朝ジョージ1世が国王のとき、「国王は元首として君臨するが、統治に関しては”議会に対して責任を負う(責任内閣制)”内閣が執行する」という伝統ができました。

スポンサーリンク
出典:wikipediaより

参照定義

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、英: constitutional monarchy)とは、君主の権力が憲法によって規制されている政体[1]である。制限君主制(せいげんくんしゅせい)[2]とも呼ばれる。wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia-立憲君主制[見る]
世界史の窓-立憲君主政[見る]
学研キッズネット-りっけんくんしゅせい【立憲君主制】[見る]

◼︎辞書・書籍

『用語集 政治経済第7版』 清水書院,2020年,p20、『政治経済用語集第2版』山川出版社,2019,p12,13、『改訂版必修世界史用語集』旺文社,2002,p104、『ニュービジュアル版新詳世界史図説』浜島書店,2008,p127

タイトルとURLをコピーしました