アウストラロピテクスの意味・解説・読み方|世界史用語集

アウストラロピテクスの意味・解説|世界史用語

世界史世界史B

アウストラロピテクス

Australopithecusの意味


主な意味

アウストラロピテクスとは、400万年前ころに出現したとされる猿人です。南アフリカ各地で化石が発見されており、”南の猿”を意味します。猿人の解説

アウストラロピテクスは、直立歩行をし、礫石器を使用しました。打製石器の解説

ホモ=ハピリスという猿人

250万年前になって、さらに進化した猿人がアフリカに登場しました。これが最初のホモ属のホモ=ハピリスで、脳は大きく、丸い頭蓋骨は人類型の顔を示しており、大腿骨はアウストラロピテクスに比べて、現代人にきわめて近い特徴をもっています。

有名な化石”ルーシー”

アウストラロピテクスのなかでも特に有名な化石は、1974年にエチオピアで発見されたルーシー(アウストラロピテクス・アファレンシス)です。ルーシーは身長1mで類人猿的な構造も残っていますが、骨盤の形から二足歩行していたことが分かり、一時は最古の猿人とされました。この「ルーシー」というのは愛称で、発掘隊のキャンプで流れていたビートルズの”Lucy In The Sky With DIamonds”から名づけられました。

出典:wikipediaより

参照定義

アウストラロピテクス (Australopithecus、’南部の猿’、’南猿’の意) は、哺乳類霊長目(サル目)ヒト科の絶滅した属であり、化石人類の一群である。身長は120センチメートル台 – 140センチメートル台くらいで、脳容積は現生人類の約35%の500ミリリットル程度であり、チンパンジーとほとんど変わらないが、骨格から二足歩行で直立して、歩く能力を持つと考えられている。出典:wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia-アウストラロピテクス[見る]
national geografic-猿人ルーシーの死因は木から転落? 注目の理由は[見る]
Britannica-Australopithecus[見る]

◼︎辞書・書籍

『世界史用語集』東京書籍,2019,p1、『詳説世界史研究』山川出版社,2002,p8、『詳説世界史改訂版』山川出版社,2009,p21、『改訂版必修世界史用語集』旺文社,2002,p10、『ニュービジュアル版新詳世界史図説』浜島書店,2008,p12、『世界史辞典』旺文社,1974,p7

タイトルとURLをコピーしました