考古年代の意味・解説・読み方|世界史用語集

考古年代の意味・解説|世界史用語

世界史世界史B

考古年代

Archaeological timescaleの意味


主な意味

考古年代とは、考古学的観点から石器時代や鉄器時代に区分される年代です。同じように区分される年代として、史的年代や地質年代があります。史的年代の解説

考古学とは?

考古学とは、人類が残した痕跡(遺跡・遺物)を研究する学問です。考古学的調査は、先史時代、古代、および消滅した文化に関する知識の主要な情報源でとなっています。

スポンサーリンク
出典:wikipediaより

参照定義

考古学(こうこがく、英語: archeology)は、人類が残した物質文化の痕跡(例えば、遺跡から出土した遺構などの資料)の研究を通し、人類の活動とその変化を研究する学問である。wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎ウェブサイト

wikipedia-考古学[見る]
世界の歴史まっぷ-先史時代年表[見る]
Britannica-Archaeological timescale[見る]

◼︎辞書・書籍

『世界史用語集』東京書籍,2019,p1、『詳説世界史研究』山川出版社,2002,p9、『詳説世界史改訂版』山川出版社,2009,p21、『ニュービジュアル版新詳世界史図説』浜島書店,2008,p12

※1 青銅器時代の定義について

青銅器時代は原史時代に対応する表もある。これは、はっきりとした区切りがあるわけではなく、先史時代・原史時代にわたって青銅器が使用されたとするのが妥当である。ここでは、石器時代ののちに青銅器時代があったという理解のため、そして通常「先史時代のあとは歴史時代」と原史時代を省いて定義され、また歴史時代と鉄器時代の繋がりを強調するため、このように記述した。

タイトルとURLをコピーしました