直接金融の意味は?意味・解説・読み方|金融用語集

直接金融の意味・解説|経済・金融用語

経済学金融

直接金融

Direct financeの意味


主な意味

直接金融[ちょくせつきんゆう]とは、「お金を借りたい企業」に「お金を貸したい人」が直接出資する取引です。

つまり、企業や政府が資金調達する際に、銀行などの金融機関から融資を受けるのではなく、有価証券を発行して証券会社を介して売却する方法のことです。直接金融の場合、お金を出す側を『投資家』と呼びます。

直接金融に対して、「お金を借りたい企業」と「お金を貸したい人」の間に「銀行」が介在することを間接金融と言います。間接金融の解説

直接金融のイメージ

投資家は企業や国から直接、債券・株式・公債を購入することができます。このとき証券会社は企業から手数料をもらって、債券の仲介販売を行います。

スポンサーリンク
出典:wikipediaより

参照定義

直接金融(ちょくせつきんゆう、Direct finance)とは、金融の一形態で、自らが所有する資金を、受ける側へ直接的に供給(出資、融資など)する仕組みのこと。対義語は間接金融。wikipedia

参考文献一覧

参考文献

◼︎辞書・書籍

経済学辞典 [見る]
経済用語図鑑 [見る]
経済用語がスラスラわかる本 [見る]

◼︎ウェブサイト

野村證券[見る]
mana@bow[見る]
乙女の財布[見る]
wikipedia-直接金融[見る]

 
タイトルとURLをコピーしました