3期のために1期を見る!文豪ストレイドッグスのあらすじをご紹介します(後編)

角川『文豪ストレイドッグス』1期 アニメ

2019年も4月に3期が放送されるアニメ『文豪ストレイドッグス』。前回の記事では、第一話~第六話まであらすじを書かせていただきました。

前話を読む文豪ストレイドッグス1期のあらすじをご紹介します(前編)

第六話で爆弾を仕掛けた“蒼の使徒”とはなんなのか、今回の記事ではそれが判明する第七話~最終話まで簡単に分かりやすく書かせていただきます。駆け足になるかと思いますが、ぜひお付き合いください。

スポンサーリンク

文スト1期、前回までのあらすじ

芥川龍之介『人間失格』

異能力使いが集まる“武装探偵社”の一員となった“中島敦”。彼は虎に変身できる異能力を持っており、それを自我をもって操ることはできない。中島には70億の懸賞金がかけられているらしく”ポートマフィア”という集団が、たびたび彼らを狙う。

第七話では、中島を保護した“太宰治”、そしてその相棒“国木田独歩”が失踪事件の解決に向かうも、犯人の“蒼の使徒”に横浜爆破予告をされる。探偵社は総力をあげて、その事件の解決に挑む。

第七話『理想という病を愛す』

芥川-文豪ストレイドッグス

“蒼き使徒”はテロリストの“蒼き王”と関係があるとみた探偵社。しかし、蒼き王は過去に国木田が追い詰めた際に自爆したはずだ。

探偵社は乱歩の協力を借り、爆弾を解除をするコードを手に入れるため旧国防軍施設へと向かう。そこに立ち塞がるは、組織の人間たち。太宰と国木田は抜群のコンビネーションでその場を切り抜け、爆弾解除の成功する。

その後、蒼き使徒を追い詰めるのだが、なんとその正体は、“佐々木信子”だった(第六話登場)。佐々木は“蒼の王”の恋人としてその理想――世界を良くするという――を受け継いでいた。彼女を追い詰める探偵社だったが、親の仇があった田口に撃たれ命を落としてしまう。

彼女は、彼女自身の“理想”の結果で命を落とした。その結果に動揺する国木田。同じく“理想”を追い求める彼はどのような結果を生み出すのか。

第八話『人を殺して死ねよと』

泉鏡花-文豪ストレイドッグス

与謝野晶子の買い物に付き合う敦だが、その帰り道に敦を狙った“ポートマフィア”の電車ジャックに巻き込まれてしまう。

犯人は異能力“檸檬爆弾”を持つ“梶井基次郎”、そして、異能力“夜叉白雪”を持つ“泉鏡花”だ。“夜叉白雪”は本人の意思では発動しない。実は、鏡花の能力はポートマフィアからの電話で操られていたのだった。与謝野晶子は梶井を無力化。敦は命がけで鏡花を救い出した。

第九話『うつくしき人は寂として石像の如く』

中島敦-文豪ストレイドッグス

探偵社で鏡花を一時保護することになり、その世話役は敦となった。国木田は鏡花を軍警に引き渡すように敦に言う。しかし、軍警につかまれば鏡花は死罪だ。ポートマフィアに逆らえば殺され、そして行くところがないと語る鏡花。鏡花に昔の自分を重ね合わせる敦。突如、二人はポートマフィアに襲撃されて攫われてしまう。

第十話『羅生門と虎』

泉-文豪ストレイドッグス

囚われた敦は国外へ向かう密輸船に乗せられていた。そこに現れたが助けに来た鏡花。しかし、彼女は芥川に捕まり痛めつけられる。

芥川は敦に対して“個人的なうらみ(太宰に認められているという嫉妬心)”を持っているようだ。「弱者に息をする権利はない」と語る芥川。そこに国木田が助けに来るのだが、敦は鏡花を助けるために船に残る。二人の壮絶な戦い――敦はなんとか勝利する。

第十一話『其の一”彼女には向かない職業” 其の二”有頂天探偵社”』

其の一”彼女には向かない職業”

樋口一葉-文豪ストレイドッグス

其の一は芥川の部下、“樋口一葉”の話。

敦に敗北し重症を負った芥川はポートマフィアの対立組織に誘拐されてしまう。芥川にも部下にも認められず、ポートマフィアに向かないと悩む樋口だが、それでも敬愛する芥川のために命をかけて助け出すのだった。

其の二”有頂天探偵社”

宮沢賢治-文豪ストレイドッグス

其の二は探偵社の一員、“宮沢賢治”の話。

敦と賢治は通りで車が爆発した事件を解決するために、ギャングのアジトへ向かう。その無垢さゆえ二人はギャングに囲まれるのだが、賢治の怪力の異能力によりその場を難なく切り抜け事件を解決する。

第十二話『たえまなく過去へ押し戻されながら』

戦闘-文豪ストレイドッグス

探偵社にギルドというグループのリーダー“フランシス”が訪ねてきた。どうやら彼らが敦に懸賞金をかけて狙っていたらしい。「異能開業許可証」の買収というギルドの提案を探偵社が断ることで、ギルドは強硬手段をとる。

ギルドは、賢治と直美(谷崎の妹)を攫ったのだ。

敦と谷崎はギルドの一人“ルーシー”が持ち掛けたゲームに勝利し、攫われた二人は開放される。しかし、敦を求めるギルドはこれで諦めるような組織ではない。また懸賞金をかけて利用したポートマフィアまでも消そうとしている。

探偵社、ポートマフィア、ギルド。

その三組織の抗争は二期へと続いていく――。

文ストの語り切れない魅力的なキャラクターとストーリーの深さ

芥川と国木田-文豪ストレイドッグス

『3期のために1期を見る!文豪ストレイドッグスのあらすじをご紹介します(後編)』は主人公の中島敦を中心としてあらすじを紹介させていただきました。

ですが、国木田の苦悩があったり、太宰とポートマフィア(主に元相棒”中原中也”)の絡みがあったり、芥川の行動理由があったり――と、今回の記事でが語りきれない物語が多い作品となっています。

ポートマフィアは単純によくある“悪の組織”ではないところもこの作品の魅力だと思います。探偵社、ポートマフィア、そのどちらのキャラクターが強烈で、それぞれに人間味があり様々な物語やドラマを生み出しています。

二期は、太宰治の過去。そして、ギルドや政府が加わった全面抗争が横浜で繰り広げられるお話です。太宰やその相棒の中原中也、そして、世界の文豪たちが出てくるのでぜひお読みください!文ストのアニメを見てみたい方は、初回1か月無料のdアニメストア で見られるのでどうぞ!

それでは、お読みいただきありがとうございました。

著作権元:© 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/2019文豪ストレイドッグス製作委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました