【3分解説】Amazonの商品を交換・返品する方法。開封済みでも大丈夫

amazonの返品方法Amazon

amazonの返品方法

Amazonで注文したら不良品が届いた、思っていた品物と違った、そんな経験は誰でもあると思います。

そこでこの記事では、スマホとパソコンに分けてAmazonの交換・返品申し込み方法返品できるもの・できないものを書いていきます。

はじめに商品が返品できるかどうかを確認したい場合は、こちらからジャンプしてください。
スポンサーリンク

交換・返品を申請する前にチェックしよう

Amazonの返品に関する3つの条件

交換・返品の方法を案内する前に、Amazonの返品に関する3つの条件に目を通しておきましょう。

Q.開封済みでも大丈夫?

基本的に、届いてから30日以内で未使用であれば大丈夫です。

商品を包装している袋(それがなければ”商品”として成り立たなくなるもの)を破いたりしてしまった場合は、使用済み扱いになる可能性があるので注意しましょう。

※Amazonのダンボールを開けた状態では、まだ未開封です。さらに商品の箱を開けた場合、開封&未使用状態になります。

Q.返品代金はかかる?

送料はAmazonが負担してくれるものとそうでないものがあります。

amazon-無料返品-amazon負担

返品無料の目印は、価格の右に「返品無料」と記されているものです。また、Amazonファッション(服、シューズ、バック 等)は返品無料で、試着したあとにも返品(全額返金)が可能となっています。

そうでない場合(各ショップが郵送している場合)は返品送料がかかる場合があります。カスタマーサービスのチャットでAmazonさんに問い合わせると確実に分かるので気軽に聞いてみましょう。

Q.返品できない商品は?

返品できない商品は以下のようになっています。

Amazonギフト券、ビデオ・音楽などのデジタルコンテンツ(キャンセルは可)、金庫、植物、医薬品・医薬部外品・サプリメント、食品、飲料・酒、材木、車などのバッテリー、Amazonパントリーなど。

※上記商品でも間違えて買ってしまった場合、返品可能なることがあります。

それでは以下から、スマホとパソコンに分けて返品の案内をしていきます。

スポンサーリンク

 

Amazonで交換・返品を申し込む

スマホで申し込む場合

※パソコンの方はこちらからどうぞ。

それでは、返品の案内をしていきます。まずは、Amazonの注文履歴を開きましょう。直接、下記リンクからAmazonの注文履歴に飛んでください。

ハンバーガーマークを押す

もしくは、スマホアプリでは右下、ウェブ版では左上のハンバーガーマークをタップしてください。それから、スライドメニューの「注文履歴」を選択します。

※アプリもウェブも操作は一緒なので、以下ではアプリ画面で説明していきます。

1、返品したい商品を選択

amazonー返品方法

注文履歴へいったら、返品したい商品を選択しましょう。

2、返品商品を選択

amazonー注文商品詳細

注文の詳細画面にいくので、「返品商品」を選択します。このときに有効期限をチェックしておきましょう。

3、返品理由の選択

amazonー注文商品詳細

次に返品理由を選択しましょう。今回は「サイズが小さい」を選択しました。

4、返品理由を記述する

返品理由記述欄

①「具体的な理由を入力」をタップ。
②返品理由を記述しましょう。

返品理由は適当で大丈夫ですが、ここでは「サイズ表を見て、大きいサイズだと思ったら小さかった。」と記述しました。

5、確認画面を進めていく

返品―確認画面まとめ

返品の確認画面に進むので、画像の手順通りに進めていってください。

6、梱包して送る

amazon-返品送料-無料

最後に、商品を梱包して送ります。記事の都合上、梱包して返送する方法は別の記事に書かせてもらいました。

関連【図解】Amazonの商品を梱包して返送する方法

パソコンで申し込む場合

ここからはパソコンでの操作を説明していきます。

まずは、スマホでAmazonの注文履歴を開きましょう。直接、下記リンクからAmazonの注文履歴に飛んでください。

amazon-トップ画面-返品-どこ

もしくは、ウェブページ右上の注文履歴を選択してください。

1、返品したい品物を選択

Amazonの返品期限を確認する。

注文履歴から返品したい商品の返品期間を確認して、「商品の返品」を選択してください。

2、詳細情報を書いていく

Amazonの返品に必要な情報を書いていきます

①返品したい商品にチェックをいれます。(複数選択可)

②それぞれの返品の理由を選択します。

③具体的な理由を記述しましょう。

返品理由は適当で大丈夫ですが、ここでは「サイズ表を見て大きいサイズだと思ったが、届いたものは思ったよりも小さく着づらかったから。」と記述しました。

5、確認画面を進めていく

Amazon返品の手続き

最後に確認画面になりますので、「次に進む」を選択してください。次に進むとまた似たようなページにいきますので、「返品手続きを開始」を選択します。(この画面では①と②を一緒にしていますが、本来は別々です)

Amazon返品の申し込みページ

最後にこのようなページになれば返品の申し込みは完了です。

商品を梱包して返品・交換する方法

Amazonで返品したい商品を梱包する

記事の都合上、梱包して返送する方法や返送処理を確かめる方法は別の記事に書かせてもらいました。以下のリンクからご覧下さい。

交換・返品の条件を確かめよう

先導にも書きましたが、交換・返品にはいくつかの条件があるので、それを最後に見ておきましょう。詳しくは、ヘルプページの「よくある質問」に書いてあります。

AmazonAmazonのヘルプページへ

Q1.交換・返品の期間はいつまで?

原則として商品到着から30日以内の返品・交換が可能です。

Q2.どのような条件で交換できるか?

不具合や損傷のある商品は、原則として30日以内であれば同じ商品との交換ができます。商品によっては、原則返金のみで交換ができない場合があります。

Q3.返品すると全額返ってくる?

基本的に未開封・未使用なものは全額返金されます。服&ファッション小物、シューズ&バッグ、30万円(税込)未満の腕時計およびジュエリーは試着後の返品が可能です。しかし、それが梱包された袋や箱などは捨てないようにしましょう。

Q4.いつ返金される?

Amazonが返品商品を受領後、通常1-3日程度で返金(クレジット、Amazonギフト券、ポイントなどで)されます。コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いや代金引換で支払った商品を銀行振込で返金する場合は、約1-2週間かかります。

■Amazonカスタマーサービスに聞くのが手っ取り早い

返品方法は多岐に渡っていて把握するのも理解するのも難しいです。なので、直接Amazonに聞くのが一番良い方法です。

上記リンクから、電話やチャットで質問できるので、気軽に聞いてみてください。筆者は何度も問い合わせています。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。何か質問があれば下のコメントフォームからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました